pikeyblog

02 June ,2010

TIMERS NOW

TIMERS20NOW-thumbnail2.jpeg


「時計とは時間をデザインする機械である。」白洲次郎
 
時計(とけい)は時間を計る道具(機械)。もしくは、一日、または日中の何分の一が経過したか知る道具。
11世紀以降の機械時計には、動くための動力、一定の速度で動かすための調速機、計った時を外部に伝える部分の三要素からなる。動力としては、重力、ぜんまい(ネジ)、電気など。調速機としては、振り子、テンプ、音叉、電力線、水晶、原子など。外部に伝える部分は、一般的には、針(アナログ)や文字(デジタル)、音などがある。






PUBLIC IMAGE
name/

email/

url/



認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。